送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2018年03月16日

プロが選ぶアイドルDVD賞A2017年の新人賞は?

 アイドルDVDのメーカー関係者がその年に一番輝いたグラドルを表彰する「プロが選ぶアイドルDVD大賞」。

oshinosara.jpg MVP以上に難航したのが、DVDデビューから1〜2年のグラドルから選ぶ新人賞だ。

 15年は柳瀬早紀、16年は忍野さらとRaMuがダブル受賞してきたが、17年は「例年に比べるとこれぞという子がいない」「アマゾンで3週連続1位をとるような結果が伴う子がない」と、大きな実績を残せた新人がいなかった。


忍野さら「カメラがすごく近いのでBlu-rayで見ないで」

 それでも元バイトAKB48で実家は神社という変わり種のお姉さん系グラドル・千代田唯、7月のスカウトから10月にはグラビアデビューという高速展開が話題を呼んだ田中めいなどが候補に挙がるなか、最終的には19歳の若さが魅力の水沢柚乃、そして25歳で大人の色香が売りの園都という対照的な2人が新人賞に決まった。

「ゆのしー」の愛称で知られる水沢は大阪の撮影会で人気となり、現在の所属事務所がスカウト。事務所の先輩・倉持由香と同じくゲーマーグラドルとしても人気だ。肌見せに関してもサービス精神旺盛なようで、ファンが集まるイベントでは、「お客さんが喜ぶように、いつも水着が小さい。この間もHIPが出てしまいそうなくらいでした」(イーネット・飯森氏)

 この調子で艶路線を追求し続けていけば、今後もさらなる活躍が期待できそうだ。

sonomiyako.jpg そして園は、癒やし系の丸顔と、色白で柔らかな“お餅バスト”から、愛称は「みやこもち」。大人びた雰囲気から“第二の壇蜜”とも目されているが、壇蜜が艶やかさを前面に出すのを武器とするのに対し、園の場合は「こんな顔して実は…」と妄想を掻き立てる存在だ。雑誌グラビアも青年マンガ誌ではなく、オヤジ系週刊誌がメインとターゲットが明確。おじさんたちのアイドルとして人気を得そうだ。

園都「NGだったパンストを解禁したのでフェチの方におすすめです」

(Asagei+より)

園都は好みなので
私も期待しています


プロが選ぶアイドルDVD賞@2017年のMVPは?

ブログパーツ
posted by ウエフィン at 19:01| Comment(0) | アイドル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

プロが選ぶアイドルDVD賞@2017年のMVPは?

 アイドルDVDのメーカー関係者がその年に一番輝いたグラドルを表彰する「プロが選ぶアイドルDVD大賞」。

hirashimanatsumi.jpg 2012年にスタートし、今回で6回目を迎えるという栄えある本賞では昨年、元AKB48の平嶋夏海がみごとMVPに選ばれ、その後グラビアで大活躍したのはご存知の通りだ。本年度の各賞が発売中の「アサ芸Secret Vol.50」で発表されている。

 はたしてどのグラドルがMVPに輝いたのか?

 17年、DVDの世界で最も活躍したグラドルは誰か。DVDメーカーの関係者からは森咲智美、川崎あや、RaMuらの名前が挙がる中、最終的には「CanCam」のモデルとグラビアを両立する久松郁実、そしてその褐色の肌で“なにわのブラックダイヤモンド”の異名を持つ橋本梨菜の2人に候補は絞られた。

hisamatsuikumi.jpg 明るい笑顔と健康的なFカップボディーがウリの久松は、昨年も数々の週刊誌で表紙を飾り、トップグラドルとして大活躍。イメージDVDは出さない“動画NG”のアイドルも増える中、久松は大谷翔平ばりの二刀流でDVDを3枚リリースし、いずれもトップクラスの売り上げをマーク。東京・秋葉原ではグラドルの聖地ソフマップを一日中貸し切り、途切れぬファンを集めるという伝説も作ったほどだ。


久松郁実「大人っぽさが存分に出ています」

hashimotorina.jpg 対する橋本は、その黒すぎる肌とGカップバストを武器にのし上がってきた、いわば叩き上げのグラドル。タレント・JOYとのお泊まり愛を写真週刊誌に撮られたことでも話題を振りまいた。

 DVDは久松と同じく3枚リリースし、最新作ではついに手だけで胸を隠すショットも解禁。秋葉原でのDVDイベントは回を追うごとに集客を増やしており、その成長はMVPにふさわしいとの声も出た。

橋本梨菜「開放的になりすぎちゃって初めての手ブラも」

 甲乙つけがたい両雄。選考は熾烈を極めたが、最終的にはDVD売り上げ枚数の実績面を重視して、久松がMVPに選出された。そして橋本にも特別賞の贈呈が満場一致で決定された。

(Asagei+より)

久松郁実のMVP
まぁ納得ですね

今後
その他の賞についても
取り上げていきます


プロが選ぶアイドルDVD賞、2016年のMVPは?

ブログパーツ
posted by ウエフィン at 18:42| Comment(0) | アイドル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

「第68回 NHK紅白歌合戦」出場歌手発表

「第68回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手発表記者会見が16日、東京・渋谷の同局にて行われた。

出場歌手は紅白合わせて46組。初出場は紅組4組、白組6組の合わせて10組。会見には初出場歌手から紅組の丘みどり、SHISHAMO、TWICE、Little Glee Monster、白組のエレファントカシマシ、竹原ピストル、Hey! Say! JUMP、三浦大知、WANIMAの全9組が出席した。

丘は「天国の母との約束を果たせました」と亡き母に思いを馳せ、「これまでの人生で1番の1年です」と歓喜。SHISHAMOは「高校の時から活動していて、紅白歌合戦という舞台につながっていたと思うと嬉しいです」と感慨深げにコメント。“TTポーズ”でおなじみのTWICEは「日本デビューをしてまだ間もないにも関わらず紅白歌合戦に出場させていただくことになって、本当に光栄です」と喜び、Little Glee Monsterも「私たちは出会って結成してから紅白を夢見ていましたし、そのためのいろいろなステージだったと思っています。私たちの全力を尽くします」と意気込んだ。


エレファントカシマシは今年デビュー30周年。ボーカルの宮本浩次は「年末の締めを、精いっぱいみんなで盛り上げられたら」と話し、デビュー20周年の三浦は「日本で歌を歌っている以上、全員が目指す場所だと思っているので、出させていただけて本当に嬉しく思っています」と感激しきり。またHey! Say! JUMP山田涼介は「デビュー10周年の締めくくりに、関わってくださった方々へ素敵なプレゼントができたなと思います」と節目での吉報を喜んだ。さらに「歌い手として1度は経験してみたかったので嬉しいです」(竹原ピストル)、「じいちゃん、ばあちゃんに認めてもらえる」(WANIMA)とそれぞれ初出場に歓喜。このほか白組でトータス松本が初出場する。

今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

arimurakasumi1.jpg総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村架純、白組司会は単独では初となる嵐の二宮和也が務める。放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。




(モデルプレスより)

有村架純の司会が1番楽しみです笑

有村架純といえば今年話題となった映画「ナラタージュ」
濃厚ベッドシーンもあったようで・・・


さすがに映画館では観ませんでした
DVDを楽しみにしています

本題に戻って
紅白歌合戦出場歌手一覧です

<紅組>
AI(3)
E-girls(5)
石川さゆり(40)
市川由紀乃(2)
AKB48(10)
丘みどり(初)
倉木麻衣(4)
欅坂46(2)
坂本冬美(29)
椎名林檎(5)
SHISHAMO(初)
島津亜矢 (4)
Superfly(2)
高橋真梨子(5)※「高」は正式には「はしごだか」
天童よしみ(22)
TWICE(初)
西野カナ(8)
乃木坂46(3)
Perfume(10)
松たか子(3)
松田聖子(21)
水森かおり(15)
Little Glee Monster(初)

<白組>
嵐(9)
五木ひろし(47)
X JAPAN(8)
エレファントカシマシ(初)
関ジャニ∞(6)
郷ひろみ(30)
三代目 J Soul Brothers(6)
SEKAI NO OWARI(4)
Sexy Zone(5)
竹原ピストル(初)
トータス松本(初)
TOKIO(24)
氷川きよし(18)
平井堅(8)
福田こうへい(4)
福山雅治(10)
Hey! Say! JUMP(初)
星野源 (3)
三浦大知(初)
三山ひろし(3)
山内惠介(3)
ゆず(8)
WANIMA(初)

ブログパーツ
posted by ウエフィン at 18:55| Comment(0) | アイドル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

H,I,Jカップ夢のコラボ「おっぱいだらけで眩暈がするほどでした」

VR1.jpg 人気巨乳グラドルらが夢のコラボ! Jカップの桐山瑠衣(26)ちゃん、Iカップの青山ひかる(24)ちゃん、そしてHカップのゆうみ(19)ちゃんが、最新VR技術を使った3D-VR作品『VR女子寮物語』(エスデジタル)をそれぞれリリースし、東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で記念イベントを開催しました。

 会場に、瑠衣ちゃんは目にもまぶしいレモンイエローのフロントネット水着、ひかるちゃんは落ち着いた紺のコットン生地の小さな三角ビキニ、最年少のゆうみちゃんはオレンジとイエローのカラフルなビキニと、それぞれ個性豊かなスタイルで登場。世の巨乳好きにはタマらない豪華すぎるスリーショットとなりました。

――まずは、作品の内容について教えてください。

VR2.jpg青山ひかる「観ている人が女子寮の臨時管理人、私たちが寮生という設定で、いろいろと誘惑したり(笑)。最後に観ている人が3人の中から誰か一人を選ぶという構成になっています」

桐山瑠衣「私が年上の女、ひかるちゃんが同い年、ゆうみちゃんが年下という設定です。私がオトナの女を演じるなんて、そういう歳になったのかと、しみじみ思いました(笑)。それにしてもVRはすごいですね。普通の動きでも、とても卑猥に見えます!」

VR3.jpg青山ひかる「そこは、卑猥じゃなくて“リアル”と言ってください(笑)」

ゆうみ「撮影中はずっと視界がおっぱいだらけで…、眩暈がするほどでした(笑)」

――VRならではの見どころは?




VR4.jpg青山ひかる「『DT(童貞)を殺すセーター』を着たんですが、VR効果ですごいことになっています! ホントにヤバイです(笑)」

桐山瑠衣「見どころは、なんといってもゆうみちゃんのダンスです! もしかするとファンの人は知っているかもしれませんが、初めて見たときは『どうしたのかな?』と思いました」

青山ひかる「爆笑しました(笑)」

VR5.jpgゆうみ「最初のチャプターと最後のチャプターが3作共通のシーンになっているんですが、そのシーンに採用されてます(笑)」

 グラビアシーンに本格的に押し寄せてきたVRの波。臨場感たっぷりの“巨乳ハーレム”、男の夢がここにあります!



(メンズサイゾーより)

VR6.jpgVR7.jpgVR8.jpg
VRkiriyamarui.jpgVRaoyamahikaru.jpgVRyuumi.jpg

巨乳をリアルに感じられそうですね
ぜひ体験してみたいものです


VR技術を使った3D-VRで巨乳グラドルとドキドキ体験してみませんか?【あらすじ】ひょんなことから女子寮の臨時管理人になった僕。これから始まる様々なトラブル・ハプニングに僕はきちんと自制できるのだろうか…僕の前には大人の色気をアピールしてくる桐山瑠衣、サバサバボーイッシュな青山ひかる、そしてシャイで奥手なゆうみの3人がいる。
VR9.jpg

ブログパーツ
posted by ウエフィン at 21:07| Comment(0) | アイドル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

巨乳グラドルが新人発掘オーディションをPR

「2017 R・I・P"夏"グラビア超逸材発掘オーディション」の取材会が15日、都内スタジオで行われ、芸能プロダクション「R・I・P」に所属するGカップ以上のグラビアアイドルの犬童美乃梨、橋本梨菜、森咲智美、葉月あや、桜井えりな、☆HOSHINOが水着姿で登場した。
rip1.jpg

同オーディションは、芸能事務所のR・I・Pが満15歳以上の明るく健康的な女性を対象に、グラビア活動を積極的に行うことができ、将来女優やタレントを目指す方を発掘するもので、合格者(3名予定)には、所属契約後に同事務所が、漫画コミック誌、週刊誌などへのグラビア出演、水着グラビアDVDのリリースなどのグラビアタレント活動を全面的にサポートする。

どんな女性に応募してほしいか聞かれると、犬童は「巨乳な子にきてもらいたいです。胸が大きいことがコンプレックスになっている子でも、自信がある子でも大歓迎です」とニッコリ。森咲は「R・I・Pって地方から集まっている子が多いので、地方の巨乳の子はぜひ怖がらずに状況してR・I・Pに入ってみたらどうかなって思います」とコメントすると、現在も大阪在住の橋本は「いろいろサポートしてもらえますし、親身に相談に乗ってもらって楽しくグラビアができているので、迷っている子は1度始めてみたらどうかなと思います」とオススメ。大学生でデビューしたという桜井は「学業とも両立して活動できるので、学生さんもぜひ」とアピールし、最近所属したという☆HOSHINOは「入ったばかりの子でも居心地が良くて、仕事がやりやすい環境なので、いいかなと思います」と笑顔を見せた。

また、オーディションに合格する秘けつを尋ねられ、犬童が「よく食べる子ですかね(笑)。社長が『食べろ食べろ』って言うので、食べる子は通ります」と言いうと、葉月は「そんな簡単なん?」とツッコミ、そんな葉月は「社長ってちょっと変わった子が好きなイメージがある(笑)」と告白して笑いを誘った。さらに森咲は「見ての通り色が強いので、個性が強い子がいいんじゃないかなと思います。あと絶対に必要なのはやる気だと思います」と力を込めた。

同事務所には巨乳グラドルが多く所属していることから、"巨乳の基準"を聞かれると、犬童は「G(カップ)はノーマル。下着屋さんとかでもFまでは結構あるんですけど、Gからないので、Gが基本かな」と答え、事務所スタッフも「Gはひとつの基準に…」とコメントしたが、「ハードルが高いのでは?」と指摘されると「Eカップくらい!?」と下げ、犬童は「ご飯食べるから(胸は)成長します」と語った。

応募期間は7月15日(土)〜8月31日(木)。詳細・応募はオフィシャルサイトにて。

(マイナビニュースより)

犬童美乃梨(88cm・Gカップ)
rip2.jpgrip3.jpgrip4.jpg

橋本梨菜(88cm・Gカップ)
rip5.jpgrip6.jpgrip7.jpg

森咲智美(89cm・Gカップ)
rip8.jpgrip9.jpgrip10.jpg

葉月あや(90cm・Hカップ)
rip11.jpgrip12.jpgrip13.jpg

桜井えりな(88cm・Gカップ)
rip14.jpgrip15.jpgrip16.jpg

☆HOSHINO(90cm・Gカップ)
rip17.jpgrip18.jpgrip19.jpg

この6人くらいのレベルの
新人グラドルが出てくれることを
期待しています

ブログパーツ
posted by ウエフィン at 17:17| Comment(0) | アイドル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

人気グラドルのゲーム発表会見、白ビキニの壮観な眺めにフラッシュの嵐

 人気グラビアアイドル30名以上が登場するオンラインカードゲーム『アイドルフェスティバル サンシャインスターズ』の発表会見が行なわれ、ゲームに登場する森下悠里、岸明日香、星名美津紀、浜田翔子、鈴木ふみ奈、村上友梨、忍野さら、橘花凛、和地つかさ、石原佑里子が、ゲームのロゴ入り白ビキニで登壇。“サンシャイン”とビーチのイメージと絡めて、サンシャイン水族館でフォトセッションも行なわれた。

sunshine1.jpg
左から忍野さら、村上友梨、鈴木ふみ奈、橘花凛、浜田翔子、森下悠里、岸明日香、星名美津紀、石原佑里子、和地つかさ

sunshine2.jpg いずれ劣らぬ人気のグラドルたちの壮観な眺めに、集まった取材陣のフラッシュの嵐が止まない。Gカップ、Hカップが当たり前のメンバーのなかでEカップの浜田翔子は「私だけ“出オチ”みたいになってる〜」と渋い顔。「今日みんなが“おっぱいポロリしそう”って話してるのに、私を見たら“あ…”って」と自虐で笑わせる。

 このゲームはプレイヤーがプロデューサーとなって、南の島でグラビアアイドルたちを一流のスターアイドルに育て上げるのが目的。アイドル同士でユニットを組んで他のユーザーと戦い、切磋琢磨しながらユニットを強化していくことができる。なんといっても現役の人気グラドルが様々な衣装で登場するのが見どころだ。

sunshine3.jpg ゲーム開発者は「自分の“推し”を信じて使い続ければ、誰よりも強くなります!」と解説。そこでユーザーの秘書(ナビゲーター)役として登場する森下悠里に、「このなかで誰が一番強い?」という質問をぶつけると、「みんなそれぞれたくさんの長所があるので、育て方によって頂点に行くと思う」としつつも、「去年、舞台でふみにゃん(鈴木ふみ奈)と共演したんですが、側転したり運動神経がすごかった。戦ったら一番強いと思います」と太鼓判。96センチHカップの迫力ボディを誇る鈴木も「ハイキックも高い位置まで届くので」とノリノリになると、MCは「ビキニの女の子がそこらにバタバタ倒れてるってことでしょ? 格闘ゲームじゃないですから!」とたしなめた。

sunshine4.jpg ゲームのテーマがバトルだけに「この中で負けたくないのは?」という質問が飛ぶと、グラビア界でも高い人気を誇り、テレビバラエティ等でも活躍する岸明日香は「石原佑里子ちゃん。同じ事務所の一番のニューカマーなので、負けられへんという気持ち」とコメント。石原は「私がこの事務所を選んだのは、岸さんが好きだというのもあるので、目指していて尊敬しているんですけど、負けたくないです!」と“先輩越え”の意気込みを見せた。

sunshine5.jpg 出席メンバー最年少、20歳の女子大生・星名美津紀は「20歳という節目に、長かった髪をショートにしました! 中学校のバレーボール部以来、6年ぶりに短くしました」と挨拶。この日は忍野さら、石原佑里子ら3人の現役女子大生グラドルがいて、キャラ被りにちょっと火花が散ったが、星名は92センチHカップの最大のバストと一番の若さをアピールしていた。


sunshine6.jpg そうそうたるメンバーが揃う中、「アピールするポイントが“おっぱい”しかないんです」と、92センチのHカップバストを見せつける橘花。「“なんにゅう”なので…」と言うと、「難乳?」と聞き間違えるMC。橘花は「軟乳!“やわらかい”です!」と訂正した上で、「軟乳だから“あばれん坊”でビキニに納めるのが難しいんです」とその軟らかさを表現した。

『アイドルフェスティバル サンシャインスターズ』は4月下旬から5月上旬にサービス開始。現在DMMにて事前登録実施中。

(デ☆ビューニュースより)

oshinosara.jpgmurakamiyuri.jpgsuzukifumina.jpgtachibanarin.jpghamadasyouko.jpg
左から忍野さら、村上友梨、鈴木ふみ奈、橘花凛、浜田翔子

morishitayuuri.jpgkishiasuka.jpghoshinamiduki.jpgishiharayuriko.jpgwachitsukasa.jpg
左から森下悠里、岸明日香、星名美津紀、石原佑里子、和地つかさ

サービス開始が楽しみです

sunshine7.jpg
アイドルフェスティバル サンシャインスターズ


誰推しにするか悩みます笑


ブログパーツ
posted by ウエフィン at 17:13| Comment(0) | アイドル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

プロが選ぶアイドルDVD賞、2016年のMVPは?

「本屋大賞」「CDショップ大賞」などエンターテイメント商品にはプロが選ぶ賞があるが、アイドルのDVDにはこうした賞がない。そんな思いから2012年にスタートした、アイドルDVDメーカーがその年一番輝いたグラドルを表彰する「プロが選ぶアイドルDVD賞」(アイドルDVD賞)。5回目の今年はマイナビニュースでお送りする。

選考会が行われたのは撮影会などが行われる「東京Lily」(2016年12月に開催)。2015年は安枝瞳がMVPに選ばれたが、今年はどのグラドルがMVPに?

――アイドルDVD賞も今年で5回目になります。まずは2016年のアイドルDVDはどうでしたか。

イーネット飯森(以下:飯森):Amazon.jpの基準の変更もあり、業界全体も昨年(2015年)に比べて販売数が落ちていますね。どのメーカーも作品だけに注力できず、本気を出せていない感じがあります。

――イーネットさんでは熊田曜子が4年ぶりにDVDをリリースしました

飯森:浜田翔子と並び現役最多となる54作品目のDVD。レジェンドボディーは健在でしたね。今年は以前活躍したグラドルがしばらく振りにリリースしました。そういうのはうれしいですよね。村上友梨も1年ぶりにDVDをリリース。ミスFLASHになった2009年から知ってますけど、すごく大人になった

kiriyamarui.jpg竹書房・光安(以下:光安):うちからも2年ぶりに桐山瑠衣がリリースしました。フリーになったさいとう雅子も頑張っていますよね。

飯森:桐山はDVDのジャケット写真がすごくよかった。

シャイニングスター小野寺(以下:小野寺):パイスラですね。

Jカップ桐山瑠衣「勉強に集中できなそうな格好で逆セクハラしてます」

――では、早速今年の賞を決めていくましょう。まずは今年最も輝いた新人グラドルに送る「新人賞」から。候補にはどんなグラドルがいるでしょう。

ramu.jpgギルド大久保(以下:大久保):うちが推したいのは石原佑里子とRaMu。素材的にはRaMuはすごいです。

飯森:うちもRaMuですね。スタイルは完璧。あれ以上はない。ちなみにお母さんも巨乳でした(笑)

光安:うちは忍野さら。今年のグラドル全体でもかなり売れた子です。

HカップRaMu「GカップからHカップに成長して迫力が違います」

小野寺:新人賞に推したいのは藤木美咲。福岡のグループアイドル「QunQun」の元メンバーで、体は抜群にいいです。肌も綺麗で、胸もあります。脚がとにかく長い。

グラッソ上代(以下:上代):うちは小日向結衣。西内まりや似と話題になりました。新人なんだけどアマゾン1位で、イベントも大盛況。この子は今年下半期のダークホースですね。

――候補は出揃いました。各メーカー別れましたね。

飯森:うちはRaMuを一押しさせていただきます。ファーストから3作連続で発売しています。石原と忍野の2人も平均点は高いですけど、総合力でRaMuですね。おっぱいがまた大きくなりましたね。GからHに。

光安:RaMuは会ったことがないくらい礼儀正しい。少年みたい。おっぱいの大きい少年ですね。

大久保:「おはようございます」と挨拶も大きくて、気持ちいいですよね。

光安:小日向さんは本当に売れるのは来年からかな。。

oshinosara.jpg飯森:忍野はうちで出したファーストは髪が長かったですけど、髪を切って一気にブレークしましたよね。

光安:前髪です。本人嫌がってたんですけど、僕が説得して前髪をつくらせたんです。

――すごい話ですね。それで売れるとは。

飯森:確かに勢いは忍野さんありますよね。新人賞をあげてもいいと思います。

忍野さら「ボディソープで水着が滑ってポロリンちょ」

光安:RaMuもいいですよね。

――新人賞は2014年のアイドルDVD賞でも青山ひかると染谷有香の2人でした。今年は忍野とRaMuの2人でどうでしょうか?

上代:いいと思います。

――では新人賞は忍野とRaMuに決まりました。次はいよいよMVPです。今日不在のラインさんは平嶋夏海、長澤茉里奈を挙げています

飯森:MVPには平嶋夏海を推したいですね。うちとラインコミュニケーションズさんからDVDを出し、どちらもセールスが好調。9月に出された写真集「ナツコイ」も重版が決まりました。

amakijyun.jpg大久保:うちは制作で関わっているんですけど、天木じゅんですね。テレビでも盛り上げているし、『ヤングマガジン』の表紙も飾りました。グラビアを盛り上げたという意味でも推したいです。ウエストも細くなってます。写真集もけっこう露出していますね。

飯森:双葉社のイベントですごく小さな三角ビキニ着てましたね(笑)

Iカップ天木じゅん「今年は体を求めて貰えるように」

大久保:グラビアへのやる気がありますよね。

光安:竹書房だけで考えると片山萌美がダントツですね。ただ今後DVDを出す予定がないので、アイドルDVD賞で選んでいいのかというのはあります。

小野寺:うちでは松嶋えいみのDVDが好調でした。安定的な人気です。

光安:うちで出したDVDもかなり売れましたね。スタイル完璧です。

小野寺:ただMVP候補には殿倉恵未を推したいです。5月にうちでは2本目のDVD「Secret Lover」を出したんですけど、体もすごく綺麗になっていました。話すと関西弁ではんなりしてドキッとします。

光安:殿倉は実際に見ると、さらに美人ですよね

上代:うちは流通の立場ですけど、神谷えりなですね。イベントもすごく頑張っていて、ソフマップの集客も2016年は高かったし、結果も残せたので。

――雑誌では2016年は馬場ふみか、武田玲奈とモデル系の活躍が目立ちました。

飯森:久松郁実はDVDのセールスも好調でした。ただ、せっかくDVDメーカーが集まって論議しているので、方向性含めて久松のMVPは少し異なる気がします。

光安:久松を外すと、片山も違ってきますね。そうすると天木かなと思います。

hirajimanatsumi.jpg――みなさんの反応を見ると、MVPは平嶋夏海、天木じゅんに絞られますね

光安:そうすると平嶋か天木か。平嶋さんをグラビアアイドルと言っていいのかというのはあります。天木が頑張っている印象が僕はあります。

飯森:うちは天木と平嶋の両方出していますけど、平嶋ですね。完成度が違います。

大久保:2人とも2016年はDVD2本、写真集もそれぞれ1冊ずつ出しています。

光安:今年は「この人」っていう決め手にかけますね。でも、平嶋でもいい気がします。

大久保:いいんじゃないですか。

――ラインさんも平嶋が一番売れたそうです。今年は難航しましたけど、2016年のMVPは平嶋夏海に決定します。

全員:納得。

――昨年はバスト賞(菜乃花)、ウエスト賞(川崎あや)、ヒップ賞(為近あんな)とパーツごとに賞を設けましたが、今年は該当者いますか?

大久保:天木にはバスト賞をあげたいですね。あと久々に復帰した桐山にも。

――では天木、桐山には「おっぱい大きいで賞」をあげましょう。ウエスト、ヒップの該当者はいますか?

matsushimaeimi.jpg光安:新規でお尻やウエストがいい子はいないですね。ただ、松嶋えいみはバストもヒップも脚もいいです。

――では松嶋に「スタイルいいで賞」をあげましょう。

飯森:唐沢りんちゃんとかいいですよね。性格がすごくいいですしお嫁さんにしたいグラドルNo.1。

――みなさん、うなずいてますけど、賞までは……

hashimotorina.jpg光安:橋本梨菜はグラビアの王道で頑張っているから、何か賞をあげたいですね。

――焼けた肌は今のグラドルの中でも目立ってますよね。では「小麦色の肌で賞」をあげましょう。あと今年は各メーカーさんにもそれぞれ賞を決めてもらいます。

飯森:イーネット・フロンティア賞は熊田曜子ですね。4年ぶりの発売で、現役グラドル最多のリリース54作品目になっていますし、第二子出産もレジェンドボディーは健在でした。

光安:竹書房賞は片山萌美です。

大久保:ギルド賞は「集団社内恋愛3」に出演した伊藤しほ乃、星乃まおり、橋元優奈、若木萌、実崎ゆうみの5人です。

小野寺:シャイニングスター賞は殿倉恵未です。DVDの内容がすごく良くて、露出うんぬんじゃなくクオリティーが高い。ファンからの反響もありました。

上代:グラッソ賞は、うちが流通でエスデジタルからDVDをリリースした神谷えりなです。

――ラインコミュニケーションズ賞は「ルックスもいいし、胸もある。今後の期待度が高そうなタレント」との評価で石原佑里子。リバプール賞は「正統派でユーザーから受け入れられたという意味において久々の新星」とのことで、岩田華怜に送られます。みなさま長時間の選考お疲れさまでした。来年もよろしくお願いします。

(マイナビニュースより)

今年も素晴らしいグラドルたちと
出会えますように!


ブログパーツ
posted by ウエフィン at 19:47| Comment(0) | アイドル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

紅白歌合戦の出場歌手が発表

 大みそか恒例の『第67回NHK紅白歌合戦』(後7:15〜11:45 総合)の出場歌手46組が24日、同局から発表された。初出場はデビュー20年目のKinKi Kidsをはじめ、紅組は市川由紀乃、宇多田ヒカル、大竹しのぶ、欅坂46、PUFFY、白組は桐谷健太、THE YELLOW MONKEY、RADWIMPS、RADIO FISHの計10組。これまで23回出場し、大トリを6回務めた国民的グループSMAPの名前はなかった。

 NHKの井上啓輔氏は、例年どおり選考ポイントは(1)今年の活躍、(2)世論の支持、(3)番組の企画・演出の3点を総合的に判断したと説明した。

arimurakasumi1.jpg 番組のテーマは「夢を歌おう」。司会は有村架純(紅組)と嵐の相葉雅紀(白組)、総合司会は武田真一アナウンサーが務める。







以下、出場歌手一覧(カッコ内は出場回数)

【紅組】
AI(2)、絢香(8)、E-girls(4)、いきものがかり(9)、石川さゆり(39)、市川由紀乃(初)、宇多田ヒカル(初)、AKB48(9)、大竹しのぶ(初)、欅坂46(初)、香西かおり(19)、坂本冬美(28)、椎名林檎(4)、島津亜矢(3)、高橋真梨子(4)、天童よしみ(21)、西野カナ(7)、乃木坂46(2)、PUFFY(初)、Perfume(9)、松田聖子(20)、水森かおり(14)、miwa(4)

【白組】
嵐(8)、五木ひろし(46)、X JAPAN(7)、関ジャニ∞(5)、桐谷健太(初)、KinKi Kids(初)、郷ひろみ(29)、三代目 J Soul Brothers(5)、THE YELLOW MONKEY(初)、SEKAI NO OWARI(3)、Sexy Zone(4)、TOKIO(23)、AAA(7)、氷川きよし(17)、V6(3)、福田こうへい(3)、福山雅治(9)、星野源(2)、三山ひろし(2)、山内惠介(2)、ゆず(7) 、RADWIMPS(初)、RADIO FISH(初)

(オリコンスタイルより)

一番興味を持ったのは
司会の有村架純かな〜
arimurakasumi2.jpg

80−60−82
B〜Dカップと推測は様々です

お姉ちゃんはグラドルですから
同じくらいのスタイルかも

有村架純の実姉・新井ゆうこ「ギリギリまで透けているので見て欲しい」

私にとって大晦日恒例の番組と言えば
もはや「紅白」ではなく
「笑ってはいけない」になってますけどね笑

「紅白」の出場者ではなく
「笑ってはいけない」のテーマの方が気になっていました
今年は「笑ってはいけない科学研究所」だそうです

長年の習慣で紅白を観る家庭と
AKBグループとジャニーズのファンで
ある程度の視聴率は保つと思いますが
例年より落ちるだろうと予測しています

ブログパーツ
posted by ウエフィン at 18:30| Comment(0) | アイドル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

「ミスヤングチャンピオン」グランプリ6人が決定

 コミック誌『ヤングチャンピオン』『ヤングチャンピオン烈』『別冊ヤングチャンピオン』が“究極のグラビアアイドルを生み出す”ことをテーマに「ミスヤングチャンピオン」を開催。その7代目のグランプリ6名のお披露目が22日、都内で開催された。

 グランプリに輝いたのは
小澤らいむ(23)
yc ozawaraimu.jpg

佐倉仁菜(24)
yc sakuranina.jpg

桜井えりな(23)
yc sakuraierina.jpg

竹本茉莉(22)
yc takemotomatsuri.jpg

中崎絵梨奈(23)※中崎絵梨奈の「崎」はつくりの上部が「立」
yc nakazakierina.jpg

星野白花(22)
yc hoshinoshiroka.jpg

の6名。それぞれ、他のメンバーに負けないところについて「ゲームが好きなオタクであること」(小澤)、「忍耐強さ」(佐倉)、「大食いなこと。回転寿司35皿、ラーメン10杯、串揚げ102本食べました」(桜井)、「虫とかなんでも食べられること!サソリの素揚げが好きです」(竹本)、「ぷに子ユニット・チャビネスで活動しているので、ぷにぷにとした体型」(中崎)、「正看護師なので、これから夏のイベントで倒れた人がいたら蘇生できます」(星野)と語った。
 今回の取材では事務所未所属の一般応募からグランプリに輝いた正看護師・星野に話題が集まった。ただし「今働いてるところは副業禁止ですし、売店にヤンチャン売ってて、患者さんのベッドに乗ってるんですよ(笑)。ドキドキしちゃうんで、辞めます」と職場を変えて、正看護師とアイドル両立させていく予定だという。

(デ☆ビューニュースより)

yc.jpg
7代目ミスヤングチャンピオンの6名
(左から)小澤らいむ(23)、佐倉仁菜(24)、桜井えりな(23)、
竹本茉莉(22)、中崎絵梨奈(23)、星野白花(22)

例年よりレベルが高かったと言われています

今後の活躍に期待したいです


ブログパーツ
posted by ウエフィン at 17:46| Comment(0) | アイドル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

Gカップ以上の7人が集結、グラビア界の未来を担うオーディションの開催

RIP.jpg グラビアで活躍できる未来の巨乳娘を探せ! 芸能事務所「リップ」が主催する「R・I・P 新人巨乳グラビアアイドル 発掘オーディション」の記者会見が都内で行なわれた。

 会見には、犬童美乃梨さん(Gカップ)、橋本梨菜さん(Gカップ)、葉月あやさん(Hカップ)、桜井えりなさん(Gカップ)、森咲智美さん(Gカップ)、小澤らいむさん(Hカップ)、白川未奈さん(Hカップ)の7人が水着姿で登場。全員がGカップ以上という、豪華な会見となった。

 オーディションの応募条件は満15歳以上で、期間は7月31日まで。書類審査や面接による選考を経て所属契約を交わすと、コミック誌や週刊誌へのグラビア出演、イメージDVDリリースなどが約束される。グラビア活動はどういうものか、どんなメリットがあるのかなど、会見時のコメントは以下の通り。

inudouminori.jpg
犬童美乃梨さん

【犬童美乃梨】グラビアを始めた当初は水着になることがあまり好きではなかったのですが、仕事をこなしていくうちに水着のほうが身軽で楽しいと思うようになりました。私たちと一緒にグラビア界を盛り上げてくれる方を待っています。

hashimotorina.jpg
橋本梨菜さん

【橋本梨菜】大きい胸がコンプレックスだと思っているなら、それをプラスに変えられる特別な仕事。豊満な体も受け入れてくれるグラビア界で人生を変えましょう。

hadukiaya.jpg
葉月あやさん

【葉月あや】初めての仕事が「日テレジェニック2014」だったのですが、選ばれてから人生が変わりました。一緒にグラビア界を盛り上げましょう!

sakuraierina.jpg
桜井えりな

【桜井えりな】大学で映画を勉強していたのですが、出演してみたいと思うようになって、グラビアにも取り組んでいます。いろいろなことに挑戦してみたい方は、ぜひ応募してください。

morisakitomomi.jpg
森咲智美さん

【森咲智美】グラビアは写真で表現してもらえるのが楽しいです。チャンスもたくさんあるので毎日が充実します。ミュージカルにも出させてもらえることになり、日々勉強中です。

ozawaraimu.jpg
小澤らいむさん

【小澤らいむ】半年前まで関西でふつうに仕事をしていたのですが、グラビア活動をすることに決めました。すごく面白いと思うので、一緒に頑張りましょう。

shirakawamina.jpg
白川未奈さん

【白川未奈】私はプロレスのライターとしても活動しています。グラビアは体で自分を表現できるし、見られるほどきれいになると思います。日本を明るく元気に盛り上げる人を待ってます。

 このオーディションで、これまでの常識を覆すくらいすごい娘が発掘されるか!? 夏以降に予定される各メディアへの登場を楽しみに待ちたいところである。

(ASCU.jpより)

期待の次世代グラドルがそろいましたね〜

今はグラドルが多すぎて
生き残りが厳しい時代

内心は
すごい娘は出てきて欲しくない
と思っているのかも笑

ブログパーツ
posted by ウエフィン at 19:01| Comment(0) | アイドル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする