送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2014年08月10日

エロ過ぎるドッキリ番組、おのののかのパンチラ&吉木りさのローションまみれ

onononoka.jpg人気グラビアアイドル・おのののか(22)が、4日に放送された『うわっ!ダマされた大賞2014夏3時間SP』(日本テレビ系)に出演。お笑い芸人のワッキー(42)扮する「変態おじさん」にドッキリを仕掛けられ、驚いた拍子にお宝級の胸チラ&パンチラが飛び出したと一部視聴者の間で話題になっている。

 「東京ドームの美人すぎるビールの売り子」からグラドルに転身した彼女は、抜群のスタイルと端整な顔立ちで人気が上昇。味長続きガムブランド「ストライド」のCMも話題になり、バラエティでも引っ張りだこになっている。

 当該のコーナーでは、おのが友人のアイドル・前田ゆう(25)と岩盤浴店に来訪。ガウン姿でリラックスして岩盤浴を開始したおのだが、前田が急に席を外すと部屋の照明が落ちて真っ暗になり、室内に潜んでいたワッキーが彼女に忍び寄った。暗くなったことに怯えていた彼女だったが、照明がつくと眼前にはパンツ一丁で横たわるキモい変態おじさん…という更なる衝撃が。

 おのはパニック状態で手足をバタつかせながら逃げ惑ったが、この時にカメラに向かって脚を開くような格好になったため、ネット上の一部視聴者から「パンチラした!」「股間がチラ見えしたぞ」「おのののかのパンツ見えたんだけど」などといった声が多数上がった。さらにガウンの胸元もはだけ、公称84センチEカップの豊満なバストの谷間もバッチリ映ることになった。

 岩盤浴ではガウンの下は裸、もしくは紙パンツだけをはいた状態になるのが一般的。もしヤラセが一切ないとすれば、おのは紙パンツとノーブラの谷間という“超お宝”を披露してくれたことになる。暗転した室内は赤外線カメラで撮影されていたため、一部からは「赤外線で下着が透けて見えた」「パンティラインがくっきり映ってる」といった声もあったようだ。

「こういったドッキリの場合、ヤラセであってもガチであっても映ったらマズイものはカットされます。ギリギリ映っていないか、映ってもいいようなパンツだったのかもしれませんが、本来なら別カットに差し替えられてもおかしくない過激さだった。事務所の方針なのか、おのは売れっ子になっても露出の過激度が下がっておらず、テレビ出演でもキワドイところまでOKを出しているのでしょう」(芸能関係者)

おのののか「水の中から撮ったので普段見れないところが見れます」

yoshikirisa.jpg おのの出演コーナーだけでなく、ほかにも同番組では男性視聴者が色めきたったシーンがあった。人気グラビアアイドルの吉木りさ(27)が、ローションまみれになるという場面があったのだ。

 吉木が出演した企画は、エレベーターの床が抜けると大量のローションが流れる滑り台につながっており、知らずに落ちたタレントたちが滑った距離を競うというものだ。

 なぜか身体をピンと伸ばした美しすぎる姿勢で滑った吉木は、31メートルという大記録でトップを獲得。当然ながら誰よりもローションまみれになり、シャツはスケスケで頭の先からショートパンツから伸びた脚までくまなくヌルヌル状態になった。ネット上の一部視聴者からは「ゴールデンタイムでこれはエロすぎる」「青少年には刺激が強すぎないか」「いいカラダしてるなあ」などといった声が巻き起こる事態となった。

「落とし穴から一気に滑り台に落ちると危険なため、どうやら直接はつながっていなかったようです。タレントたちは覚悟した上で滑っていますから、いわば半ヤラセのような状態。吉木がローションまみれになるのも演出の一つですが、予想以上のエロさに仕上がっていた。グラドルとしては10年選手で最近は若手に押されている印象もある吉木ですが、やはりスタイルも色気も別格だと再確認できる企画でしたね」(アイドルライター)

吉木りさ「恥ずかしくて、早く終わって!という感じでした」

 おのや吉木に負けず、ベテランとして参戦した松本明子(48)もカラダを張った。吉木と同じくローションスライダーを滑った松本は、パニックになりながら前かがみで立ち上がると胸元がモロ見え状態になり、モザイク処理されてしまうというハプニングが発生。こちらは“笑い”で終わるかと思いきや、一部ネット上の男性視聴者からは「劣化が少なくて意外とアリ」「正直、モザイクなしで見たい」といった反応が少なからずあり、ひそかに熟女好きの心をつかんでいたようである。

 本来はドッキリ番組でありながら、どうやらグラドルファンから熟女好きまで満足させる良質な“お色気番組”としても視聴者を楽しませたようだ。

(メンズサイゾーより)

おのののかのパンチラ


吉木りさのローションまみれ


ブログパーツ
posted by ウエフィン at 18:51| Comment(0) | おのののか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。